←トップ頁へ

和名 サクラソウ
漢字表記 桜草
別名・異名
古名
語源 和名は、花形がサクラに似ているところから。/属名は「最初の」の意。/種小名は「シーボルトの」の意。
学名 Primula sieboldii E.Morr.
英名 primrose
仏名 primevère 拙庭にて
独名 Primel
伊名 primula
西名 primavera
葡名
漢名 桜草/報春
植物分類 サクラソウ科サクラソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 花壇/鉢植え
原産地 日本/中国/朝鮮半島/東部シベリア
花言葉 少年時代の希望/悲痛
解説 草丈は30㎝前後程度。全草に白色の毛が見られる。葉は長い柄を持った卵状長楕円形で、縁には不揃いの鋸歯が見られる。4~5月頃、葉よりも長い花茎を伸ばし、その頂に紅紫色の花を散形に開く。花冠の基部は筒状で、先は平開し、各裂片がそれぞれ2裂する。
履歴 サクラソウは、北海道から九州まで一般的に自生していたが、一般的に栽培が始まるのは江戸時代の園芸ブームからである。埼玉県の田島ヶ原はサクラソウの原生地として国の天然記念物に指定されている。
県花・国花 埼玉県花大阪府花長野県:軽井沢町花/群馬県:旧大間々町花/千葉県:四街道市/埼玉県:さいたま市花・戸田市花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
23 149 「茸とももんが」