←トップ頁へ

和名 サクラヒメチドリ
漢字表記 桜姫千鳥
別名・異名 エピデンドルム・ケ(セ)ントラデニウム、オエルステデラ・ケントラデニア
古名
語源 和名は、花色と花形とから。花色は鮮やかなピンクであり、花形は我が国の野生蘭のイワチドリやヒナチドリと花形が似ていることから命名されていると推測される。/属名は、ギリシャ語のepi(=上)とdendron(=樹木)の合成語からで、本属の植物が樹上の着生ランであることを示している。/種小名は、ギリシャ語のcentron(=中央)とaden(=大きな)の合成語から。
学名 Epidendrum centradenium
(=Oesutedella centoradenia)
英名 Crucifix Orchid/Baby Orchid
仏名
独名 船橋東武百貨店蘭展にて
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名
葡名
漢名 粉紅娃娃
植物分類 ラン科エピデンドルム属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 ウルグアイ、コスタリカ・パナマ
花言葉 判断力、ささやき
解説 エピデンドルム・ケントラデニアはラン科の多年草である。本種は、原産地項に記した地の標高1200~1500級高地の熱帯降雨林に自生する常緑樹に着生するランである。草丈は30㎝程度に。細い紡錘形の偽鱗茎を持つ。葉は楕円状で光沢があり、茎に互生する。冬~春にかけて茎頂に総状花序を出し、径2~3㎝程度の小花を多数つける。花姿は、一見して、我が国に自生する野生ランのウチョウラン等に良く似ている。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考