←トップ頁へ

和名jp サキシフラガ・グラヌラータ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方


         
漢字表記
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は,学名の音読みから。
属名のsaxifragaとはラテン語のsaxum(=岩)とfrangera(=割る)の合成語で、「石を割る」の意となる。クモマグサが胆石などの結石を除去する薬用効果があると考えられたことによる。
種小名は「顆粒状の」の意。
学名sn Saxifraga granulata
英名en Meadow saxifrage
Fair maids of France
Mountain rocket
仏名fr Saxifrage à bulbilles
Saxifrage granulée
Herbe à la gravelle
独名de Knökkchen-Steinbrech
伊名it
西名es Saxifraga blanca
Herba prima
Raïm de gat
Saxífraga granulada
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科ユキノシタ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢物栽培/ロックガーデン/薬用
原産地
distribution
東欧~中欧
花言葉 秘めた恋
解説
description
サキシフラガ・グラヌラータは、ユキノシタ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地で岩礫質な土壌地帯に自生する。草丈は15~40㎝程度となる。茎は概して斜上する。茎には腺毛が密生する。地下には桃色の球根を持つ。根出した葉はロゼットを構成し、茎葉は腎円形で茎に互生する。葉縁は多浅裂する。葉には腺毛が散生する。5~6月頃、花径2~3㎝程度で白色の5弁花を散房状につける。花弁には緑色の線状紋が入る。花冠喉部は黄色みを帯びる。開花時には芳香を放つ。花後には2分室を持った卵形の蒴果をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考