←トップ頁へ

和名 サジオモダカ  
漢字表記 匙沢瀉
別名・異名 ナナト/ナナトウグサ
古名 撮影地:新宿御苑→
語源 和名は、葉の形状が匙型であることから。/属名は由来不明の水草に対するギリシャ名からという。
学名 Alisma plantago-aquatica L. var. orientale Samuels.
英名
仏名
独名    撮影者:東京都 中村利治様
伊名  
西名 埼玉県行田市にて→
葡名 撮影:GKZ
漢名 澤瀉
植物分類 オモダカ科サジオモダカ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/鉢植え/池植え/薬用(根茎)
原産地 日本(中部以北)、朝鮮半島、中国、シベリア東部
花言葉
解説 サジオモダカは、沼や溝等に見られるオモダカ科の多年草である。葉は根生し、長さ6~10㎝、幅5㎝前後。ヘラオモダカにも似ているが、葉幅が大きく異なる。花は径3㎝程度の小花で、色は白色~淡桃色、花弁は3枚。午後に開花を見る。一日花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考