←トップ頁へ

検索名 サジギボウシ(匙擬宝珠)
和名jp コバギボウシ
栃木県那須町にて
漢字表記 小葉擬宝珠
別名・異名
other name
ミズギボウシ(水擬宝珠)
サジギボウシ(匙擬宝珠)
古名old name
語源
etymology
和名は、文字通り小さい葉のギボウシの意。
属名はオーストリアの医師N・T・ホスタの名に因んでいる。
種小名は「白い縁取りのある」の意
学名sn Hosta albo-marginata
英名en Variegated hosta
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 家來的玉簪
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ギボウシ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/路地植え/薬用/食用(若葉)
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)
花言葉 沈静
解説
description
コバギボウシは、キジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。根出葉は卵形~楕円形で斜上する。長さは10~20㎝程度。先端は尖り、基部は狭くなる。縁は緩やかな波を打つ。7~8月頃、30~40㎝程度の花茎を伸ばし、総状に淡紫色の花をつける。花の長さは5㎝前後。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考