←トップ頁へ

和名 サジガンクビソウ
漢字表記 匙雁首草
別名・異名
古名
語源 和名は、根生葉が匙形のガンクビソウの意から。因みにガンクビソウとは、開花時の様子が煙管の雁首ににていることから。/属名はギリシャ語のcarpesion(=麦藁)を語源としている。/種小名は「舌状葉の」の意。
学名 Carpesium glossophyllum
英名
仏名
独名 写真(上・中)撮影地
伊名 新潟県・悠久山
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科ガンクビソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/路地植え/鉢植え
原産地 日本(本州・四国・九州・沖縄) 撮影者:新潟県 塩野計司様
花言葉  
解説 サジガンクビソウはキク科の多年草である。草丈は30~50㎝程度。本種の根生葉は長さ10~15㎝程度の披針形で、毛が密生しており、開花期にも残る。また、葉ばかりではなく、茎にも毛が多く見られる。茎には疎らに長楕円状の葉を互生する。8~10月頃、茎頂に径1~1.5㎝程度の頭花を下向きにつける。
履歴
県花・国花 撮影地:新潟県・八方台
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考