←トップ頁へ

和名 サジバモウセンゴケ  
漢字表記 匙葉毛氈苔
別名・異名  
古名  
語源 和名は、葉の形状から。/属名は、ギリシャ語のdroseros(=露を帯びた、露の多い」の意。/種小名は「倒卵形の」の意。
学名 Drosera × obovata
英名 Paddle-leaved sundew,
Round-leaved sundew
仏名 Droséra à feuilles obovales
Rosslis feuilles obovales
独名 Bastard-Sonnentau
伊名
西名
葡名
漢名 匙葉茅膏菜
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途  野草/鉢植え/薬用  撮影地:日光市・竜王峡 
原産地 日本(北海道・尾瀬)を含む世界の温帯~亜寒帯
花言葉 詐欺・不誠実
解説 サジバモウセンゴケはモウセンゴケ科の多年草である。本種は、モウセンゴケとナガバモウセンゴケとの自然交雑種である。草丈は10㎝程度で、長い葉柄を持った葉は根生し、形状は学名に示されるように倒卵形となる。葉の表面には多数の紅紫色の腺毛がある。小さな虫がこれに触れるとその粘着力で離れられなくなり、やがて、消化吸収される事になる。7~8月頃、花茎を立ち上げ白色5弁の小花を数個つける。 花姿についてはモウセンゴケの頁を参照ください。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考