←トップ頁へ

検索名  サイシン 
和名jp ウスバサイシン
漢字表記 薄葉細辛
別名・異名
other name
サイシン
古名 ミラノネグサ(美良之禰久佐)
ヒキノヒタイグサ(比岐乃比太比久佐)
語源
etymology
和名は、葉が薄くて辛味があるため。
属名は、ギリシャ語のa(=無)とsaroein(=装飾)の合成語からで、花が半ば地下に埋もれて開花することから。また、別説では、asaron(=枝を打たぬ)を語源とし、根茎が分岐しないからともいう。
種小名は「シーボルトの」の意。
学名sn Asarum sieboldii
東京大学附属日光植物園にて
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 細辛
植物分類 ウマノスズクサ科カンアオイ属
園芸分類 多年生草本
用途use 薬用(根)
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)
花言葉 勇気
解説
description
ウスバサイシンは、ウマノスズクサ科の多年草である。概して山地の幾分湿り気のある林下に見られる野草である。先端から2枚の葉を対生状に出す。葉柄は暗紫色。葉は卵心形で薄く、長さは5~8㎝程度。葉の基部は深い心形で、艶はない。花は経1~1.5㎝で、葉柄の基部に1個つく。萼は鐘形で、先端は3列し、三角状広卵形で、縁は外側に反り返る。
履歴
県花・国花
古典1 『出雲風土記』、『播磨風土記』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物類品隲』、『物品識名』
季語
備考