←トップ頁へ

検索名 サイネラリア
和名 フウキギク
漢字表記 富貴菊
別名・異名 シネラリア/サイネリア
古名
語源 和名の「富貴菊」の語源については不詳。/別名シネラリアは旧属名Cinerariaから。園芸界では、シネラリアのシが「死」に通ずるとして嫌ってサイネリアとして流通している。しかし、サイネリアは、我が国独自の呼び方で、世界各国では、旧属名のシネラリアで通用している。/属名はラテン語のsenex(=老人)を語源とし、白色の冠毛を持つことから。/種小名は「円鋸歯状の」の意。
学名 Pericallis×hybrida
英名 Groundsel/Cineraria/Dusty Miller/Cape Ivy/Mexican Flame Vine
仏名 cinéraire
独名 Cineraria
伊名 cineraria
西名 cineraria
葡名 cinerária
漢名 瓜葉菊
植物分類 キク科フウキギク属
園芸分類 一年生草本
用途 鉢植え
原産地 北アフリカ/カナリア諸島
花言葉 快活
解説 シネラリアは我が国の冬場の鉢花として人気の高いキク科の園芸植物である。本来多年草であるが、暑さに弱いため、我が国では一年草扱いとなっている。茎は直立し、よく分枝する。草丈は50㎝程度に。葉は互生し、大型の心臓型。縁は波状に切れ込む。11月頃より、株全体を覆うかのように開花する。花色は多彩。また、花径は3㎝程度の小輪系と8㎝にも及ぶ大輪系とがある。
履歴 シネラリアは、1777年にカナリア諸島でマッソンが発見しイギリスに伝えている。/我が国へは明治初年(1868)渡来している。
県花・国花
古典 ※古典とは言えないが北原白秋の『桐の花』には登場しているので、既に大正時代には普及をみていたことが推測できる。
季語
備考