←トップ頁へ

和名 サフラン
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様
 

撮影地:ポルトガル
コスタ・アズール地方

 
漢字表記 洎夫藍
別名・異名 クロクス・サティヴァス/バンサンジコ(蕃江花)
古名
語源 和名は、オランダ語Saffraanを語源としている。/属名は、ギリシャ語のkroke(=糸)を語源としている。雄蘂の柱頭が垂れることから。/種小名は「栽培された、耕作した」の意。
学名 Crocus sativus L.
英名 Saffran crocus,
Autumn crocus
仏名 Safran,
Crocus cultive,
独名 Safran
伊名 zafferrano
西名 azafrán
葡名 Açafrão
漢名 蕃紅花
植物分類 アヤメ科サフラン属
園芸分類 多年生草本
用途 花壇/薬用/香料/染料
原産地 南ヨーロッパ/小アジア
花言葉 楽しみ/喜びの中の不安
解説 サフランはクロッカスの仲間である。クロッカスの場合は、専ら観賞用に栽培されているのに対し、古くから薬用・香料・染料等と他用途に栽培されてきた。サフランは、地上に茎は持たず、地下に短縮肥大化した茎としての球茎がある。葉は線状で、中央に溝がある。葉は、10本以上がまとまって出るが、開花直前に伸び出したものが、開花後に著しく伸び、40㎝以上にも及ぶ。10~11月頃、筒状の鞘となった長い花茎を伸ばし、漏斗形の花を次々と開花する。花は、陽光を浴びて、気温が上昇すると開花し、曇天時や夕刻には閉じる。花被片は6個である。雄蕊は3本で、柱頭は3裂する。花色は淡紫色で、開花時には芳香を放つ。
履歴 わが国へは文久末(1863)頃薬用として渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『物類品隲』、『物品識名』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
13 90 「再会」