←トップ頁へ

検索名  サギッタリア・モンテウィデンシス  
和名jp タイリンオモダカ
撮影者:東京都 中村利治様写真
 
 撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 大輪沢潟
別名・異名
another name
サギッタリア・モンテウィデンシス
古名old name
語源
etymology
和名は、大花のオモダカの意。オモダカの語源については、オモダカの頁参照。/属名はギリシャ語のsagita(=矢)に由来しており、矢形の葉の形状から。/種小名は「モンテビデオの」の意。
学名sn Sagittaria montevidensis
英名en Giant arrowhead,
California arrowhead
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 オモダカ科オモダカ属
園芸分類 多年生草本
用途use 池栽培/水鉢栽培
原産地
distribution
南アフリカ
花言葉 秘めたる慕情
解説
description
タイリンオモダカはオモダカ科の多年草である。抽水植物で、根は水面下にあり、葉は茎と共に水面の上に伸びる。根茎は持たず、横に広がる。草丈は50~90㎝程度に。根出葉は矢じり形。9~4月頃、茎頂で分枝し花柄を出し、白色3弁花を開く。花弁基部には赤紫色の模様が入る。 
履歴 アメリカやオーストラリアでは帰化状態にあり、すっかり野生化した状態にあるという。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考