←トップ頁へ

和名 サギスゲ
漢字表記 鷺菅
別名・異名
古名
語源 和名は、白い綿毛の果穂の広がる様子から。/属名は、ギリシャ語のerion(=軟毛)とphoros(=身につける)の合成語で果穂の様子から。/種小名は「細長い、繊細な」の意。
学名 Eriophorum gracile
英名 slender cottonsedge/ slender cottongrass
仏名 栃木県奥日光:戦場ヶ原にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名 細稈羊胡子草
植物分類 カヤツリグサ科ワタスゲ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本(中部地方以北)
花言葉
解説 サギスゲは、カヤツリグサ科の多年草である。高原の湿地帯に多く自生が見られる。草丈は20~50㎝程度。茎は非常に細く、下部に戦役の葉をつける。6~8月頃に1センチ前後の小穂を3~5個つけ開く。花の全盛期には綿毛があつまり三角錐状になる。ワタスゲの場合には綿毛が球状になるので両者は区別できる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考