←トップ頁へ

和名 サギゴケ  
漢字表記 鷺菅
別名・異名 サギシバ
古名
語源 和名は、開花時の花姿から。/属名は、ギリシャ語のmazos(=乳頭突起)を語源としている。花冠ののど部に突起が見られることから。/種小名はオランダの分類学者で、日本の植物を研究したF.A.W.ミケルの名に因んでいる。/品種名は「白花の」の意。
学名  Mazus miquelii form. albiflorus  日光有料道路:日光口SAにて 
英名 Miquel mazus
仏名             
独名         
伊名            
西名              
葡名             
漢名 匍莖通泉草       
植物分類 ハエドクソウ科(←ゴマノハグサ科)サギゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉 想いを募らせないで
解説 サギゴケは、ハエドクソウ科(←ゴマノハグサ科)の多年草である。学名からも理解できるようにムラサキサギゴケの白花種ということになる。概して水田の畦等に群生の見られる野草である。横に這うランナーを出して地表を這うように広がりを見せる。根元の葉には鋸歯が見られる。茎についた葉に対生しする。4~6月頃に写真に見られるような白色の花を見せる。
履歴                     
県花・国花               
古典1         
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考