←トップ頁へ

和名 サガノハナ
漢字表記 嵯峨の花
別名・異名
古名
語源 和名の語源については履歴の項参照下さい。/属名は、ギリシャ古語で、chrysos(=黄金色)とanthemon(=花)の合成語で、花の色から。/品種名は和名から。
学名 Chrysanthemum 'Saga-no-Hana'
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:館林市・茂林寺境内
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科キク属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/盆栽
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 サガノハナはキク科の多年草である。伝統的な観賞菊の分類では「中菊」の範疇に入る。本種の場合、所謂「箒作り」として知られるサガギクの系統を引き継いだ鑑賞菊であるが、サガギクのように茎を2m程度まで伸ばして育てるのではなく、草丈は1m以下(60~90㎝程度)となる。サガギク系の特徴として、花弁は細管状で、平開はせず、花弁は、縮れ乱れて咲き出し、やがて立ち上がり、花弁が伸びきると下垂するようになる。本種の場合、花色は桃紫色で、開花期は11月頃となる。
履歴 嵯峨菊は、京都嵯峨御所、つまり大覚寺境内にある大沢の池の島に生えていた野ギクを嵯峨村の農民が栽培し、嵯峨天皇の御高覧に供したのが始まりと伝えられている。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考