←トップ頁へ

和名 サフィニア
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、英語のsurfingとpetuniaからの造語である。花弁の縁が波のように先上がることから。/属名は、ブラジル原住民の言葉でタバコを意味する「ペチュン」に由来している。昔、葉をタバコに混ぜて喫煙していたという。/種小名は、「雑種の」の意。
学名 Petunia ×hibrida 'Surfinia'
英名 Sufinia
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ナス科ペチュニア属
園芸分類 一年生草本
用途 鉢植え(プランター・ハンギングポット)
原産地 日本(園芸作出品種)
花言葉 変化に富む/あなたがそばにいると心が和む
解説 サフィニアは、ナス科の一年草である。下の履歴の項に記したように我が国で開発されたペチュニアの園芸品種である。当時、「ペチュニア戦争」の語が登場したほどペチュニアの世界的な開発競争にあった。このサフィニアは欧米でも大いに人気を博している。従来のペチュニアにない匍匐性のペチュニアである。分枝も多く花付きもよい。加えて、開花期も長いので、園芸植物に適しているとしての評価も高い。開花期は4~10月頃、花径は3~10㎝程度と大小様々である。これまでのペチュニア同様に雨に弱いので花壇には不向きであるが、匍匐生のため、ハンギング・ポットには適している。
履歴 サントリーと京成バラ園芸の共同開発により1989年に作出されたペチュニアの園芸品種である。既存のペチュニアとブラジル産のペチュニア原種との交配によって作出されている。
「サフィニア」はサントリー・フラワーズ(株)の登録商標である。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考