←トップ頁へ

和名jp サダソウ
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 佐多草
別名・異名
other name
スナゴショウ(砂胡椒)
古名
old name
語源
etymology
和名は、本種の発見地である鹿児島県佐多岬の名に因んでいる。
属名は、ギリシャ語のpeperi(=コショウ)とhomoios(=似ている)の合成語から。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Peperomia japonica
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 コショウ科サダソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(四国・九州・沖縄)
花言葉 片思い
解説
description
サダソウはコショウ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の海岸地帯に自生する。草丈は10~30㎝程度。葉は長さ1~4.5㎝程度の倒卵状楕円形で、全縁、鈍頭、茎に輪生する。葉は幾分多肉質、表面には短細毛がある。2~4月頃、茎頂或いは枝先に長さ3~10㎝程度の肉穂花序を出し、花被片を持たない小花を多数密着させてつける。花後には小形の液果をつける。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考