←トップ頁へ

和名jp サボンソウ
東京大学付属小石川植物園にて↑

↑東京大学付属日光植物園にて↓
漢字表記 石鹸草
別名・異名
other name
シャボンソウ
ソープワート
サポナリア・オフィキナリス
古名old name
語源
etymology
和名は、葉や根を水に浸し揉むと泡が出るので。古くヨーロッパでは、実際に石鹸代わりに洗濯時に使用してきたという。
属名はラテン語のsapo(=石鹸)から来た名で、粘液質の汁が水に溶けると泡が出ることから。
種小名は「薬用の」の意。
学名sn Saponaria officinalis
英名en Soapwort
Bouncing Bet
Bouncing Bess
仏名fr saponaire
savonniére
独名de Gerwöhnliche Seifenkraut
伊名it Saponaria
西名es saponaria
Jabonera
葡名pt Erva-saboeira
漢名ch 石鹸花
植物分類 ナデシコ科サボンソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use ロックガーデン/薬用
原産地
distribution
ヨーロッパ
花言葉 清廉、優しさ
解説
description
サボンソウは、ナデシコ科の多年草である。根茎にサポニンが含まれ皮膚病などの治療に用いられてきた。草丈は30~100㎝程度。根茎が横に這って繁殖するので株としてのまとまりが出来ない。観賞用としてはロックガーデン向きである。葉は対生し、光沢がある。6~7月頃白色または淡紅色の花を見せる。花径は2~3㎝程度。
履歴 我が国へは明治初年頃渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考