←トップ頁へ

和名jp ルリニワゼキショウ          撮影者:東京都 山口米子様
撮影地:国立科学博物館付属自然教育園
漢字表記 瑠璃庭石菖
別名・異名
other name
アイイロニワゼキショウ( 藍色庭石菖)
ヒレニワゼキショウ(鰭庭石菖)
古名old name
語源
etymology
和名は、ルリ色の花をつけるニワゼキショウの意から。
属名は、ギリシャ語のsys(=ブタ)とrynchos(=鼻)の合成語から。
種小名は「細葉の」の意。
学名sn Sisyrinchium angustifolium
(=Sisyrinchium graminoides)
英名en Stout blue-eyede grass
Narrowleaf blue-eyd grass
仏名fr Bermudienne à feuilles étroites
Herbe aux yeux bleus
独名de Blaue Binsenlilie
伊名it Sisyrinchium angustifolium
西名es
葡名pt
漢名ch 狭葉庭石菖
植物分類 アヤメ科ニワゼキショウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
北アメリカ東部
花言葉 繁栄、豊かな感情、豊富(ニワゼキショウ)
解説
description
ルリニワゼキショウは、アヤメ科の多年草である。草丈は15~30㎝程度となる。茎には明瞭な鰭が在り、上部で分枝をする。葉は線形で、基部では茎を抱く。5~6月頃、前後で、5~6月頃枝先並びに茎頂に径1~1.5㎝程度で薄青色の花をつける。花被片は6個。花被片の先端部は糸状に尖る。花後の果実は径6~7㎜程度の扁球形蒴果である。
履歴 我が国ヘは明治期に渡来し、広く帰化状態にある。
県花・国花
古典1  
古典2  
季語  
備考