←トップ頁へ

和名 ルリニガナ
漢字表記 瑠璃苦菜
別名・異名 カタナンケ
古名
語源 和名は、花色と草姿とから。/属名は、ギリシャ語で「強い刺激」の意で、古代ギリシャでは婦人が媚薬として用いたことに因しているという。/種小名は「青色を帯びた」の意。
学名 Catananche caerulea
撮影者:千葉県 三浦久美子様  
撮影地:筑波実験植物園
英名 Cupi's dart,Bkue cupidone,Cerverina
仏名 Cupidone bleue
独名  Blaue Rasselblume,Amorpfeil 
伊名 Catananche caerulea
西名 Hierba cupido
葡名 Sesamóide-menor
漢名 藍苣
植物分類 キク科ルリニガナ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/入浴剤/ドライフラワー
原産地  ヨーロッパ南西部 
花言葉 心は思いのまま、揺れる心
解説 ルリニガナはキク科の多年草である。(我が国の園芸栽培では一年草or二年草扱いとなる。)草丈は50~90㎝程度。葉は線状で根出し、殆ど地に伏す。6~7月頃、長い花茎を立ち上げ、茎頂に径3~4㎝程度で青色~白色の頭花を付ける。茎を傷つけると乳白色の液体が出るが、西洋社会ではこれを入浴剤として用いたという。
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考