←トップ頁へ

和名 ルピナス・グラデンシス
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方


漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
属名
のlupinusはラテン語でオオカミを意味する。土地を選ばずに生育旺盛に繁殖することから、土地を荒らすと考えられて付けられた名前。
種小名は地名に因んでいると推測される。(スペインのグレドス山脈 Sierra de Gredosの名に因んでいるかと推測される。)
学名 Lupinus gredensis
英名
仏名
独名
伊名
西名 Alberjón
Faba loba
Fabaca
haba de laglarto
haba de lobo
Titones
葡名 Tremoceiro-bravo
Tremoço-bravo
漢名
植物分類 マメ科ハウチワマメ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え・鉢植え・薬用
原産地 イベリア半島:固有種
花言葉
解説 ルピナス・グラデンシスはマメ科の多年草である。本種は、イベリア半島の石灰岩質な土壌に自生の見られる野草である。茎は直立し、草丈は70~80㎝と程度となり、上部で分枝をする。全草が白色の細毛に覆われる。葉は長い葉柄に付き、掌状の羽状複葉となる。小葉は4~9個に分かれた線状で放射状広がる。4~5月頃、茎頂に総状花序を出し、マメ科特有の蝶形花を多数つける。上部の花は黄色みを帯びたクリーム色で、下部の花は桃色~橙色~赤褐色となる。花後には長さ4㎝程度の莢果をつけ、約5㎜程度のレンズ型の種子を数個内包する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考