←トップ頁へ

和名jp ルイヨウボタン
撮影:GKZ/植栽品

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

↑撮影地:赤城自然園↓
 
漢字表記 類葉牡丹
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、漢名「類葉牡丹」の音読みからで、その意は、葉姿がボタンに似ていることから。
属名は、ギリシャ語のcaulos(=茎)とphyllon(=葉)の合成語で、茎が大きく広がる葉のように見えることから。
種小名は「大形の、頑丈な、より大きな」の意。
学名sn Caulophyllum robustum
英名en Papoose root
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 類葉牡丹
植物分類 メギ科ルイヨウボタン属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/路地植え
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国/サハリン
花言葉 感じやすい心
解説
description
ルイヨウボタンは、メギ科の多年草である。概して深山の林内に生える野草である。草丈は40〜50p程度。4〜7月頃に、径1.5p内外で黄緑色の花を見せる。花弁状に見えるのは6片の萼である。葉は2〜3回3出複葉で、小葉は卵状長楕円形。全草に毛は見られず、幾分粉白色を帯びる。果実は球形で藍色に熟す。
履歴
県花・国花
古典
古典2
季語
備考