←トップ頁へ

検索名  ルイシア・コティレドン  
和名 イワハナビ
漢字表記 岩花火
別名・異名 ルイシア・コティレドン/レウイシア・コチレドン
古名
語源 和名は岩場に自生し、花火が開いたような花姿からの命名と推測される。/属名は、白人として北米対六横断に初めて成功したM.ルイス隊長の名に因んでいる。/種小名の語源はギリシャ語のKotuledonからで「小葉」の意。
学名 Lewisia cotyledon  栃木県:足利フラワーパークにて
英名 Siskiyou lewisia,Cliff maids
仏名 Lewisia cotylédon,
Lewisie du Siskiyou
独名 Gewöhnliche Bitterwurz
伊名 Lewisia cotyledon
西名 Levisia
葡名
漢名 琉維草
植物分類 スベリヒユ科ルイシア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え
原産地 北米
花言葉 永遠の愛、根案に打ち勝つ、熱い思慕 
解説 イワハナビはスベリヒユ科の多年草である。北米大陸カナダ・ブリティッシュコロンビア州~アメリカ・カリフォルニア州の標高900~2700m高地の岩皪地の岩間に自生する野草である。草丈は10~30㎝程度。葉は根出葉で、へら形、全縁、鈍頭。葉と葉の間から茎を出し匍匐し、横方向へと広がりを見せる。開花期は4~6月頃で、葉と葉の間から花茎を立ち上げ、短い総状花序を出し、花弁数8~10個程度の花をつける。花は一般的に白色で赤色の縞模様が入るが、個体によって紅紫色の強い者や白色の勝るもの等と多様である。本種からの野生変種も多数存在しており、種間交雑により多数の園芸品種も作出されている。因みにルイシア属は北米で凡そ16種が確認されている。 
履歴 我が国へは大正期に既に導入されている。 
県花・国花  
古典  
古典2  
季語  
備考