←トップ頁へ

和名 ロマンドラ・ロンギフォリア 撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記
別名・異名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名の語源はギリシャ語からで「縁(英語ではedge)」とandros(=雄蘂)の合成語から。/種小名は「長い葉の」の意。
学名 Lomandra longifolia
英名 Spiny-head Mat-rush,
Basket Grass
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 長葉點柱花
植物分類 ススキノキ科ロマンドラ属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 路地植え(暖地)/鉢植え/工芸品
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ロマンドラ・ロンギフォリアは、ススキノキ科の多年草である。弓状に弧を描く濃緑色の葉を持ち、草丈は70㎝程度になる。雌雄異株で、春に穂状花序を伸ばし、クリーム色の芳香を放つ花を開花する。果実はほとんど周年枝先に残っている。原産地では、この葉を用いて籠を編んだという。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典
季語
備考