←トップ頁へ

和名 リュウキュウタゲキ
漢字表記 琉球大戟
別名・異名 コバノニシキソウ(小葉錦草)
古名
語源 和名は、琉球産のタイゲキの意。因みに、タイゲキとはトウダイグサを意味する。/属名は、ギリシャ語のchamai(=矮小な)syke(=イチジク)の合成語からで、果実の形状を示している。/種小名は「琉球の」の意。
学名  Chamaesyce liukiuennsis  撮影者:東京都 中村利治様 
英名    筑波実験植物園にて 
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 トウダイグサ科ニシキソウ属
園芸分類 多年性草本
用途 野草
原産地 日琉球地方〜九州(沖永良部島):日本固有種
花言葉
解説 リュウキュウタイゲキは、トウダイグサ科の多年草である。琉球地方固有種であるが、今日自生が確認出来ているのは与那国島のみと言うことである。概して潮風の当たるような海岸地帯の岩場に自生するという。太い直根性の根を持ち、草丈は10〜15p程度。茎はよく分枝をし、分枝した枝は地を這うように横走する。茎色は赤味を帯びている。葉は長さ0.5〜1p程度の卵状楕円形〜楕円形で、茎に対生する。葉はほぼ全縁(状部には微鋸歯がある)、鈍頭。葉の表面並びに葉縁には、長い白色の軟細毛が密に出る。若い茎には片側に毛が見られるが、成長すると無毛となる。花は、多数の雄花と1個の雌花とで杯状花序を形成する。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧IA類(CR)登録種
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考