←トップ頁へ

和名 リューココリネ・コキンベンシス
撮影者:東京都 山口米子様 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のleukos(=白)とkoryne(=棍棒)の合成から仮性雄蕊が白色であることから。/種小名は原産地チリの地名コキンボ(Coquimbo)の名にちなんでいる。
学名 Leucocoryne coquimbensis
英名 Blue sun lily
仏名   撮影地:神代植物公園
独名
伊名
西名 掲載した写真はブルー・シェイド種
葡名 
漢名 
植物分類  ユリ科リューココリネ属
園芸分類  多年生(球根)草本 
用途  路地植え/鉢植え /切り花(花材)
原産地 チリ
花言葉
解説 リューココリネ・コキンベンシスはユリ科の球根植物である。地下に径2㎝程度の球根を持つ。草丈は30~60㎝程度となる。葉は根出し、長さ20~40㎝程度の線状で、縁部は全縁、先端部は尖る。3~4月頃、長い花茎の先に径3~5㎝程度の6弁花をつける。花色は青色~白色と変異に富む。本種は、開花時に芳香を放つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考