←トップ頁へ

和名 リトフラグマ・パルヴィフロルム  撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のlithos(=石ころ)とphragma(=垣根)の合成語で、果実に隔離壁があることを示している。/種小名は「小さな花」の意。
学名 Lithophragma parviflorum
英名 Smallflower woodland star,
Small-flowerd fringe-cup,
Small-flowered prairie star
仏名      撮影地:筑波実験植物園
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ユキノシタ科リトフラグマ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え(ロックガーデン)
原産地 アメリカ
花言葉
解説 リトフラグマ・パルヴィフロルムはユキノシタ科の多年草である。本種はアメリカ西海岸の草原地帯に自生する野草である。茎は直立し、草丈は10~30㎝程度となる。茎は白色の軟細毛で覆われる。葉は径1~3㎝程度の掌形で、3深裂し、各裂片は更に3深裂する。葉には2~6㎝程度の葉柄がつく。3~6月頃、長い花茎を立ち上げ、その先端に、径1~1.5㎝程度の5弁花をつける。花色は白色~淡紅色で、各花弁は3裂する。花後の果実は茶色い米粒状で3室に分かれる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考