←トップ頁へ

検索名  リシアンサス   
和名 トルコギキョウ
漢字表記 土耳古桔梗
別名・異名 リシアンサス※/ユーストマ
古名
語源 和名は、優雅な花形を見せ、蕾時には頭にターバンを巻いているかのようにも見えることからとも言われている。/属名のEustomaとはギリシャ語で「良い口」という意味となる。/種小名は「大きな葉の」の意。
学名 Eustoma grandiflorum
英名 Prairie Gentian/Tulip Gentian/
Prairie Bluebell
仏名 Lisianthus
独名 Eustoma,Prärieenzian
伊名 Eustoma
西名 Lisianto
葡名 Lisianthus
漢名 洋桔梗
植物分類 リンドウ科ユーストマ属※
園芸分類 1・2年性草本
用途 路地植え/切り花/鉢植え
原産地 アメリカロッキー山脈東部の高原地帯
花言葉 花嫁の感傷、よい語らい、清美
解説 トルコギキョウは、リンドウ科の1・2年草である。名前から誤解されやすいが、キキョウ科の植物ではなく、トルコ原産でもない。茎は直立し、草丈は30~60㎝。葉は対生し、広卵形で、表面はなめらかである。6~9月頃に淡紫色の5弁花を次々と咲かせる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※園芸界では、長いことリシアンサス(Lissianthus)属として扱われたために、今もリシアンサスの名で呼ばれることが多い。