←トップ頁へ
検索名 リッピア・ノディフローラ
和名 イワダレソウ
漢字表記 岩垂草
別名・異名 リッピア・ノディフローラ
古名
語源 和名は、海岸地帯に自生し、砂地に多く這っていることが多いが岩から垂れ下がる草の意から。/属名は、ラテン語のphyle又はphylon(=種族)の複数形からで、一つの包葉内に多くの花が集まることからと云う。/種小名は「節上開花の」の意。/旧属名のLippiaとはフランスの植物学者であったAugutin Lippiの名に因んでいる。
学名 Phyla nodiflora(=Lippia nodiflola)
英名 frog fruit, sawtooth fogfruit, turkey tangle, turkey tangle fogfruit
仏名 Verveine nodiflore
独名 Teppich-verbene
伊名 Erba luigia minore
西名 Coronilla,Verbena de pozo,
Bella alfombra
葡名
漢名 過江藤
植物分類 クマツヅラ科イワダレソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 グランドカヴァー 千葉県館山市にて
原産地 世界の熱帯・亜熱帯に広く分布(我が国の場合、関東以西の海岸地帯)
花言葉 偲ぶ恋
解説 イワダレソウは、クマツヅラ科の多年草である。主に海岸沿いに自生する。茎は長く砂や岩の上を這い、節から根を出す。7~10月頃に、10~20㎝程度の花茎を出す。花冠はとても小さい筒型で、花茎の上部に花穂状に見せる。花色は、紅紫色。グランドカバーとして注目される。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
6 303 「ネガティヴ・ポジティヴ」