←トップ頁へ

検索名  リンポウギク(輪鋒菊) 
↑撮影者:長野県 鹿田敏彦様↓

撮影地:長野県大町市鷹狩山↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

↑撮影地:入笠すずらん山野草公園↓
 
和名jp マツムシソウ
漢字表記 松虫草
別名・異名
another name
リンポウギク(輪鋒菊)
古名old name
語源
etymology
和名は、松虫が鳴く頃に開花することから。
属名は「かさぶたのある」の意で、かつて皮膚病薬として用いられたことから。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Scabiosa japonicum
英名en Japanese scabia
Morning bride
仏名fr scaboeuse
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 日本輪鋒菊
植物分類 スイカズラ科(←マツムシソウ科)マツムシソウ属
園芸分類 二年生草本
用途use 路地植え/鉢植え/薬用
原産地
dsitribution
日本(北海道・本州北部)
花言葉 不幸な愛情/不幸な結合/あなたは私を見捨てる
解説
description
マツムシソウはスイカズラ科(←マツムシソウ科)の二年草である。園芸界では同じ仲間のスカビオサが流通しているが、マツムシソウは日本特産種である。我が国山地の比較的乾燥した場所に自生が見られる。和名に見られるように、8~9月頃に開花を見る。花色は淡紫色。草丈は60~90㎝程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考