←トップ頁へ

検索名  リーガル・リリー   
和名 オウカンユリ
漢字表記 王冠百合
別名・異名 リーガル・リリー/ホソバハカタユリ
古名
語源 和名は、学名の直訳から。/属名のlilliumは、ユリに対するラテン古名であるが、語源は、ケルト語のli(=白色)に由来しているという。/種小名は「王に相応しい」の意。
学名 Lilium regale
英名 Regal lily
仏名
独名
伊名    栃木県壬生町:とちぎわんぱく公園にて
西名
葡名
漢名 岷江百合
植物分類 ユリ科ユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 中国四川省
花言葉
解説 オウカンユリは、ユリ科の多年草である。中国四川省の標高800~2500m級高地の渓谷沿いの岸壁などに自生が見られるという。草丈は20~200㎝程度。葉は長さ6~8㎝、幅1~1.5㎝の狭披針形で、茎に互生する。6~8月頃、茎頂に筒状の花を横向きにつける。花は白色で、外側は紫色を帯び、内側の喉部には黄色い模様が入る。開花時には強い芳香を放つ。花姿は、テッポウユリやタカサゴユリにも似ている。
履歴 本種は中国四川省で英国人プラントハンターのE.H.Wilsonによって明治36年(1903)に発見されている。その後、各種の園芸品種の作出親として多用されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語 夏(ユリ)
備考