←トップ頁へ

検索名  レタス   
和名jp チシャ
漢字表記 萵苣
別名・異名
other name
サラダ菜
レタス
古名
old name
チサ(知佐)
語源
etymology
属名にあるLactucaとは、ラテン語の「乳」に由来する語である。茎葉を切ると、白い乳液を出すことによる。和名のチシャも乳草からの転訛という。
種小名は「栽培された、耕作した」の意。
学名sn Lactuca sativa
英名en lettuce
仏名fr laitue
独名de Lattich
Salat
伊名it lattuga
西名es lechuga
葡名pt alface
漢名ch 萵苣
植物分類 キク科アキノノゲシ属
園芸分類 一年生草本
用途use 食用野菜
原産地
distribution
ヨーロッパの温帯地域~アジア西部・カシミール地方
花言葉 冷たい心
解説
description
野菜としては5千年以上の歴史を有する。長い年月の品種改良により、現在では、玉チシャ、葉チシャ、茎チシャ(茎チシャ・掻きチシャ)、立チシャの4種6型に分かれている。わが国では、奈良時代以前から、掻きチシャが栽培されていた。
履歴 栽培の歴史は古く、我が国にも既に『本草和名』(918年)にも「知佐」として記述を見ている。しかし、実際の栽培は明治期以降であり。野菜として普及を見るのは、昭和30年代以降といえよう。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
24 182、183 「収穫」
24 237 「庭と畑」