←トップ頁へ

検索名 レリア・アンゲレリー
和名 カトレア・アンゲレリー
漢字表記
別名・異名 レリア・アンゲレリー
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名のCattleyaとは、イギリスのラン収集家William Cattleyの名に因んでいる。/種小名は、本種の発見者であるErnesto Angererの名に因んでいる。
学名 Cattleya angereri(=Laelia angereri)
英名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科カトレア属(←レリア属)
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 ブラジル
花言葉
解説 カトレア・アンゲレリーはラン科の多年草である。現在はカトレア属に分類されているが、以前は、近縁属のレリア属に分類され、レリア・アンゲレリーと呼ばれていた。自生地はブラジル・ミナス州の標高100~1300m級の高地である。所謂「ロック・レリア」と呼ばれる内の一種で、名前の通り岩上に着するランである。茎は直立し、草丈は40㎝前後程度に。葉は長い広線状で中央部は中折れ状に凹み、葉色は概してくすんだ緑色だが、赤紫味を帯びていることが多い。春咲き種のランで、長い花茎の先に5~15個のレンガ色~オレンジ色で、径5㎝前後程度の花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考