←トップ頁へ

検索名  レッド・バレリアン   
和名 ベニカノコソウ
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様


撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方
 
漢字表記 紅鹿の子草
別名・異名 ケントラントゥス・ルベル/レッド・バレリアン
古名
語源 和名は花姿からの命名と推測される。/属名はギリシャ語のkentron(=距)とanthos(=花)の合成語から。/種小名は「赤」の意。
学名 Centranthus ruber
英名 Valerian,Red Valerian,
Jupiter's beard,Spur valerian
仏名 Valériane rouge
独名 Rote Spornblume
伊名 Valeriana rossa
西名 Centrato,Valeriana roja
M,ilamores,Alfeñique
葡名 Alfinetes,Boliana,
Cuidado-dos-homens,
Rosa-da-rocha
漢名 紅纈草
植物分類 スイカズラ科(←オミナエシ科)ベニカノコソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え、鉢植え
原産地 南欧~西アジア
花言葉 真実の愛情・親切
解説 ベニカノコソウはスイカズラ科(←オミナエシ科)の多年草である。草丈は60~100㎝程度。葉は、披針形(全縁、鋭頭、無柄)で、茎に対生する。 6~8月頃、茎先端部に円錐花序を出し、紅紫色の花を多数つける。花は長い花筒を持ち、花冠は5裂し、花の付け根には距がある。本種は開花時には芳香を放つ。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考