←トップ頁へ

検索名 ラングワート
和名 ハイムラサキ
漢字表記 這い紫
別名・異名 ラングワート/プルモナリア
古名
語源 属名のPulmonarisとは、ラテン語のpulmo(=灰)に因んでいる。かつてこの植物が肺疾患に効用あるとして用いられたことによる。種小名は「薬用の、薬効のある」の意。
学名 Pulmonaria officinalis
英名 Lungwort
仏名 Pulmonaire officinalis
独名 Lungenkraut
伊名 polmonaria
西名 pulmonaria
葡名 miodunka 東京大学付属日光植物園にて
漢名
植物分類 ムラサキ科プルモナリア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用/ハーブティー
原産地 ヨーロッパ
花言葉 気品
解説 ハイムラサキは、ムラサキ科の多年草である。園芸界ではプルモナリア、ハーブの世界では、ラングワートの名で流通している。草丈は、30㎝程度。葉に白い斑点が有り独特の模様を見せる。また、4月頃に写真に見られるような花を見せるが、花にも大きな特徴がある。咲き始めは明るい紅紫色、やがて、ピンク、そして明るいブルーへと花色を変えることである。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考