←トップ頁へ

和名 ヌマハリイ
漢字表記 沼針藺
別名・異名
古名
語源 和名は、沼地等の湿地に生え、針のように細いイグサの意からかと推測される。/属名は、ギリシャ語のeleos(=沼)とcharis(=飾る)の合成語で、沼地性の植物であることから。/種小名は「細かい乳頭状の突起の」の意。
学名 Eleocharis mamillata var. cyclocarpa 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名 Spikerushes
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 圓果乳頭基荸荠
植物分類 カヤツリグサ科 ハリイ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地 日本/朝鮮半島/中国東部/ウスリー地方
花言葉
解説 ヌマハリイはカヤツリグサ科の多年草である。概して湿地に自生の見られる野草である。シカクイに似ているが茎は円柱形で、草丈は60㎝程度となる。茎は軟らかく、押すと潰れやすい。地下には長い根茎を持つ。本種は、珍しく葉がほとんど見られず、花茎ばかりが目に入ることになる。7月頃、葉茎の先端に円筒形もしくは楕円状の花穂を出す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考