←トップ頁へ

和名 ヌマガヤツリ  撮影者:東京都 石黒俊紀様
漢字表記 沼蚊帳吊
別名・異名
古名
語源 和名は、湿地に自生が見られることから。/属名は、古代ギリシャ語のkupeiros(=スゲ)を語源としている。/種小名は「球状に集まった、密集した」の意。
学名 Cyperus glomeratus
英名
仏名 Souchet aggloméré
独名 Knäueliges-Zypergrs
伊名 Zigolo ferrnugineo
西名 撮影地:東京都多摩地域・野川
葡名
漢名 頭状穗莎草
植物分類 カヤツリグサ科カヤツリグサ属
園芸分類 一年生草本
用途 野草
原産地 日本(関東以西)~ユーラシア大陸
花言葉
解説 タマガヤツリは、カヤツリグサ科の一年草である。概して沼地や休耕田等の湿地に自生の見られる野草である。草丈は50~100㎝程度。茎は分蘖して叢出する。茎は3稜を持つ。葉は線形で、基部は茎を抱く。葉長は茎と同程度で、葉幅は3~10㎜程度。葉質は幾分厚味がある。9~10月頃、茎頂に3から4個の苞葉を出し、水田を初めとして水湿地に多く自生が見られる野草である。葉は根元から出て、幅は2~5㎜程度。草丈は、15~40㎝程度。茎の先端に3枚の苞葉を見せ、その上に3~5個の花穂をつける。花穂は10~20個の小花で形成される。花は、初めは淡緑白色であるが、やがて茶褐色へと変化する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考