←トップ頁へ

和名 ヌマアゼスゲ
                 群馬県館林市:多々良沼公園にて
漢字表記 沼畦菅
別名・異名
古名
語源 和名は、沼地・河川の畔の湿地に自生するスゲの意から。/属名はヒトモトススキの近似種のラテン古名からとも、別には、ギリシャ語のkeirein(=切る)を語源とするとも。/種小名は「灰白色の」の意。
学名 Carex cinerascens
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 灰化薹草
植物分類 カヤツリグサ科スゲ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉  
解説 ヌマアゼスゲはカヤツリグサ科の多年草である。概して日当たりの良い湿地に自生の見られる野草である。草丈は50㎝前後程度で、大きな群落を作ることが多い。葉は幾分堅さがあり、幅は2.3㎜程度で葉の縁は外側に曲がりを見せる。基部の鞘は暗褐色。5月頃、花茎を30~80㎝程度まで伸ばし3~5個の果穂をつける。頂小穂は雄花で長さ2~4㎝程度、側小穂は雌花で長さ1.5~4㎝程度。アゼスゲに似ているが、本種の場合、果胞に脈がない。 
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU)  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考