←トップ頁へ

和名 ノトリリオン・トムソニアヌム
漢字表記
別名・異名 ヒマラヤノアオイユリ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のnothos(=偽)とleirion(=ユリ)の合成語から。/種小名は人名(イギリス人でThomson名)に因んでいる。
学名 Notholirion thomsonianum
英名
仏名
独名   
伊名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。 
西名
葡名
漢名
植物分類 ユリ科ノトリリオン属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 ヒマラヤ西部の亜高山帯
花言葉
解説 ノトリリアン・トムソニアヌムは、ユリ科の多年草である。ヒマラヤ西部の亜高山帯で、卓越風を遮ってくれる山の風下に自生するという。本種は、冬場にも葉を見せ、降雪や降霜にも耐えるという。夏場には休眠に入る習性を持つ。花姿は、一見して我が国で目にするギボウシにも似ている。色はピンクを帯びた淡青紫色。開花期は3~5月頃。花には幾分芳香がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考