←トップ頁へ

和名:jp ノラニンジン
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様
撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
漢字表記 野良人参
別名・異名
elias
ダウクス・カロタ
古名:on
語源
:etymology
和名は、野生種のニンジンの意から。
属名は、ギリシャ語のdaiein(=温める)を語源とし、薬用とすると体を温めるということから。
種小名はニンジンのラテン古名で、語源は「角」を意味した。
学名:sn Daucus carota※備考欄
英名:en Wild carrot,
Bird's nest,
Bishop's lace,
Queen Anne's lace
仏名:fr Carrote sauvage,
Daucus carotte
独名:de Wilde Möhre
伊名:it Daucus carota
西名:es Zanahoria silvestre,
Cilantro salvaje,
Cadillo
葡名:pt cenoura
漢名:ch 野胡羅葡
植物分類 セリ科ニンジン属
園芸分類 一・二年生草本
用途
原産地 西アジア~地中海沿岸地方
花言葉
解説 ノラニンジンはニンジンはセリ科の1・2年草である。草丈は30~60㎝程度となる。葉は長柄を持ち3回羽状に深裂し、裂片は披針形~線形で、先端部は鋭頭となる。小葉は卵形~倒卵形でである。7~9月頃、複散形花序を出し、白色5弁の小花を多数つける。食用に栽培されるニンジンと相違して直根の太さは1㎝に満たない。果実は長楕円形で刺を持つ。
履歴 一般的には、栽培されたニンジン(Daucus carota subsp. sativas)が逸失したものが本種と説明されているが、学名からも、本種(野生種)を栽培化したものが食用ニンジンなのでは無かろうか?
本種は、世界の温帯地域に帰化状態にあり、我が国も例外では無い。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※食用ニンジンも、本種も、区別せずにDaucus carotaとしている事例が多い。