←トップ頁へ

和名jp ノニガナ
漢字表記 野苦菜
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、平地の芝草地等に自生の見られるニガナの意から。
属名は、ギリシャ語のkio(=行く)とchorion(=畑)を語源としている。
種小名は「多頭の」の意。
学名sn Ixeris polycephala 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。 
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 多頭苦菜/野剪刀股
植物分類 キク科ニガナ属
園芸分類 2年生草本
用途use
原産地
distribution
日本(本州以西)/台湾/朝鮮半島/中国/インド/コーカサス地方
花言葉
解説
description
ノニガナはキク科の2年草である。概して日当たりのよい草地や田の畦等で、幾分湿り気のある地に自生する野草である。根出葉は線状披針形で長さ20㎝以上に及び、縁に鋸歯のある場合と無い場合とがある。茎葉は、基部は柄が無く、矢尻形に尖り、根出葉よりも幅広く長さは15㎝程度。4~5月頃、茎頂に散形に黄色舌状花だけの頭花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考