←トップ頁へ

和名 ノカンゾウ
漢字表記 野萱草
別名・異名
古名
語源 和名は、野に自生の見られるカンゾウの意。因みに、カンゾウは、漢名「萱草」の音読みから。/属名はhemera(=一日)とcallos(=美)の合成語。この花が一日花であることから。/種小名は「長い管」の意。
学名 Hemerocallis longituba Miq.
英名 群馬県館林市:彫刻の小径にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 長筒萱草
植物分類 ワスレグサ科(←ユリ科)ワスレグサ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/食用(若苗)
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉 憂いを忘れる
解説 ノカンゾウは、ワスレグサ科(←ユリ科)の多年草である。野原や山麓の溝側に自生が見られる。草丈(花茎)は、50~70㎝程度。花は、下部が筒状、先は6花被片に分かれて平開する。日中に開花し、一日で終わる。ヤブカンゾウに似ているが、ヤブカンゾウの場合には八重咲きとなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考