和名jp ノジスミレ
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:市原市瀬又↑
    撮影:GKZ/栃木市内↑ 
漢字表記 野路菫
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、路傍に見られるスミレの意から。
属名のviolaは、ニオイスミレやアラセイトウ等香の強い花を表すラテン名。
種小名は「江戸の」の意。
学名sn Viora yedoensis
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本(秋田県~屋久島)
花言葉 高尚、秘密の恋
解説
description
ノジスミレは、スミレ科の多年草である。概して人里の路傍等に自生の見られるスミレである。(山地では、あまり目にすることはない。)スミレ(Viola mandshurica)に良く似ているが、本種はスミレよりも開花期が幾分早い。また、スミレの場合、葉が立つが、本種の場合、葉は立たない。葉は、長さ3~8㎝程度の長楕円状~三角状の披心形で短い葉柄を持つ。茎・葉には、短毛が生える。3~4月頃、径1~2㎝程度で淡紫色~青紫色の花をつける。本種の花色は変異が多く、個体差が出る。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考