←トップ頁へ

和名 ノビネチドリ
漢字表記 延根千鳥
別名・異名
古名
語源 和名は、テガタチドリに似ていて、根が横走することから。/属名は、ギリシャ語のgymnos(裸)とadenos(=腺)の合成語で、花粉塊の粘着体が袋に入らず、裸になっているため。/種小名は「カムチャッカの」の意。
学名 Gymnadenia camtschatica
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科テガタチドリ属 撮影者:長野県 鹿田敏彦様
園芸分類 多年生草本 撮影地:長野県 大町市扇沢
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本/カムチャッカ
花言葉
解説 ノビネチドリは、ラン科の多年草である。概して山地や高山帯の陰地に自生の見られる地生ランである。草丈は20~60㎝程度。葉は楕円状で4~7枚程度が茎に互生する。5~7月頃、穂状花序を出し、淡紅紫色の花をつける。同属のテガタチドリに似ているが、根の形状がテガタチドリの場合は掌状であり、本種は語源の項にも記したが横走する。また、何よりも、本種の場合、葉の縁が波を打っているので区別できる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考