←トップ頁へ

検索名  ニョイスミレ(如意菫)   
和名jp ツボスミレ  群馬県館林市:茂林寺沼湿原にて
漢字表記 坪菫
別名・異名
another name
ニョイスミレ(如意菫)
古名old name
語源
etymology
和名の語源については諸説に分かれる。①花の形が墨芯(すみさし)に似ていることから。②坪庭の内のスミレの意から。ツハスミレ(摘菫)の意から等。
別名は、葉形が仏具の如意に似ていることから。
属名は、スミレのラテン古名から。
種小名は、「内気な」の意。
学名sn Viola verecunda
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 堇菜/葡堇菜
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本~東アジア  
花言葉 誠実・あどけない恋  
解説
description
ツボスミレは、スミレ科の多年草である。我が国各地の湿り気の多い山地に自生の見られるスミレである。根生葉は、長い葉柄を持ち腎臓状卵形、上方の葉は葉柄は短く鈍い鋸歯があり托葉は披針形。3~5月頃、葉腋から花茎を出し、白色で紫色の筋の入った花をつける。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考