←トップ頁へ

和名 ニワハタザオ
漢字表記 庭旗竿
別名・異名
古名
語源 和名は、本種が本来山地性のヤマハタザオの仲間であるが、園芸栽培されることが多いことからの命名かと推測される。/属名は、リンネによって命名されているがArabiaの国名に因んでいる。/種小名は「コーカサス地方の」の意。
学名 Arabis caucasica
英名 Rock Cress, Wall rock cress
仏名 Arabette du Caucase
独名 Kaukasische Gänsekresse
伊名   Pelosella d'Alpe caucassica  
西名 Arabis,Arábide 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先はメニュー頁にあります。
葡名 Agrião-da-rocha
漢名
植物分類 アブラナ科ヤマハタザオ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/ロックガーデン
原産地 コーカサス地方
花言葉 愛の絆
解説 ニワハタザオは、アブラナ科の多年草である。草丈は15~30㎝となる。、3~4月になると株立ちが盛んとなり横に広がりを増して行く。葉はヘラ状で、縁には荒い鋸歯が見られる。葉や茎の下部には白毛が多く見られる。開花期は、4~5月頃、茎頂に総状花序を出し、白色4弁花をつける。
履歴
県花・国花
古典
古典2
季語
備考