←トップ頁へ

和名 ニショクザキカタクリ
漢字表記 二色咲き片栗
別名・異名 エリト(ス)ロニウム・シビリクム
古名
語源 和名は、文字通り二色咲きとなるカタクリの意。/属名はギリシャ語のerythros(=赤)を語源とし、赤色の花をつけるヨーロッパ種に対して命名されている。/種小名は「シベリア産の」の意。
学名 Erythronium sibiricum とちぎ花センターにて
英名 Siberrian fawn lily,Siberian trout lily,Siberian dog's tooth violet
仏名 Érythrone dent-de-chien
独名 Sibirische Hundszahn
伊名
西名
葡名
漢名 新疆猪牙花
植物分類 ユリ科カタクリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/ロックガーデン
原産地 中国、モンゴル、カザフスタン、シベリア
花言葉
解説 カタクリの仲間は世界に25種が確認されている。本種は、原産地の項に記した地の標高1100~2500m級に広がる亜高山帯の草原や雑木林の樹林下に自生する。草丈hあ20~30㎝程度。葉は長さ7~10㎝、幅2.5~1㎝程度の細長い披針形で、我が国のカタクリ同様に表面には緑色地に濃緑色の斑模様が入る。4~5月頃、3~7㎝程度の花茎を伸ばし、径5㎝前後程度の花を1個つける。花色は、桃色を帯びた紫色に喉部は白色となる。本種の場合、花色は個体差が大きいとされる。我が国の園芸界では「佐保姫」の名で流通している。
履歴 渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考