←トップ頁へ

和名jp ニオイタチツボスミレ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 匂壺菫
別名・異名
another name
古名old name 撮影地:君津市三舟山→
語源
etymology
和名は、開花時に芳香を放つことから。
属名は、スミレのラテン古名から。
種小名は「鈍頭の」の意。
学名sn Viola obtusa
英名en
仏名fr
独名 de  撮影地:千葉県市原市→
伊名it
西名 es  
葡名 pt  
漢名 ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(北海道~九州)
花言葉 奥ゆかしい
解説
description
ニオイタチツボスミレはスミレ科の常緑多年草である。概して日当たりの良い草地や林下に自生の見られるスミレである。草丈は30㎝程度となる。全草に細毛を有する。地下茎は短いが木質化する。根出葉は長さ2~3㎝程度の円心形で、基部は心形となる。葉の縁部には鈍鋸歯がある。4~5月頃、花弁の長さ1.2~1.5㎝程度、側弁の長さは6~7㎜程度の濃紅紫色の花をつける。花弁基部は白色となる。開花時には芳香を放つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考