←トップ頁へ

和名jp ニンニク
撮影地:館林市↑

撮影地:群馬県板倉町↑

撮影地:群馬県邑楽町↑
漢字表記 大蒜/葫
別名・異名
other name
ガーリック
古名old name オホヒル(於保比留)
語源etymology 和名は「忍辱」から。この植物の臭みを堪え忍んで、僧達がこれを食べたことからといわれている。
属名のAlliumは、ラテン語のalere(=匂い)を語源とするニンニクのラテン古名。
種小名は「耕作した」の意。
学名sn Allium sativum L.
英名en Garlic
仏名fr ail
独名de Knoblauch
伊名it aglio
西名es ajo
葡名pt alho
漢名ch 葫/大蒜/蒜
植物分類 ネギ科(←ユリ科)ネギ属
園芸分類 多年生草本
用途use 香辛料/薬用
原産地
distribution
西アジア
花言葉 力と勇気
解説
description
ニンニクは、ネギ科(←ユリ科)の多年草である。特有の臭気が嫌われることが多いが、精力増強には欠かせない植物として知られ、世界的に普及を見た。全草に特有の臭気を持つ。葉は50㎝程度。鱗茎が地下で肥大し、球状となり、白または紅色の薄膜に包まれ、数個の小鱗茎に分かれる。夏に茎の先端に白紫色の花を見せるが、結実はしない。むかごを多数擁している。 
履歴 エジプトでは紀元数千年前のピラミッドの壁画に残されている。 
県花・国花  
古典1 『日本書紀』、『古事記』、『万葉集』、『源氏物語』、『近松浄瑠璃集』、 
古典2 『延喜式』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
・大蒜むきたる如し→①際限のないこと②色白の美人の顔 
成句 ・葷酒山門に入るを許さず→不浄なものや心を乱すものは寺門内に入ることを許さないの意。
・葷菜→くさい臭いを持つ野菜、具体的にはニンニク・ニラ・ネギラッキョウ・ノビルを指す。 
俗信 ・ニンニクは邪気を祓う
・大蒜を入り口に下げておくと病気にならぬ 
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
24 182 「収穫」
23 215 「明月前夜」