←トップ頁へ

和名 ニンファエ・エルドラド
漢字表記
別名・異名 エルドラド/シティ・オブ・ゴールド
古名
語源 和名に見られる「エルドラド」とは、南米アマゾン河畔にあると想像されてきた黄金郷の名であるが、本種が黄金色に開花することからの命名と推測される。/属名は、ギリシャの水の精Nymphに因んでいる。
学名 Nymphaea L. cv. El Dorado
英名 City of Gold
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 スイレン科スイレン属
園芸分類 多年生草本
用途 池植え/鉢植え ↑ 大阪府:咲くやこの花館にて
原産地 園芸作出品種 撮影者:大阪府・藤井勝氏
花言葉 清浄
解説 エルドラドは、熱帯性スイレンの園芸作出品種である。昼咲き性の比較的大型種である。葉の径は30p前後、花の径も30p前後となる。本種の大きな特徴は、花弁の色も蕊の色も鮮やかな黄色であるということになる。花弁数も20枚程度で見応えがある。
履歴 1963年に、Martin E Randigによって作出された園芸品種である。
県花・国花 スイレン:エジプト国花タイ王国花
古典1
古典2
季語
備考