←トップ頁へ

和名jp ニンジン
 拙庭にて
漢字表記 人参
別名・異名
other name
セリニンジン
ハタニンジン
コラフ
古名old name
語源
etymology
和名は、漢名「人参」(※)の音読みから。
属名は、ギリシャ語のdaiein(=温める)を語源とし、薬用とすると体を温めるということから。
種小名はニンジンのラテン古名で、語源は「角」を意味した。
学名sn Daucus carota subsp. sativas
英名en carrot
仏名fr carrote
独名de Karotte
伊名it carota
西名es zanahoria
葡名pt cenoura
漢名ch 胡夢ト/胡羅葡/紅羅葡
植物分類 セリ科ニンジン属
園芸分類 一・二年生草本
用途use 生食/煮物/漬け物/薬用
原産地
distribution
中央アジア(東洋ニンジン)
小アジア(西洋ニンジン)
 
花言葉 幼い夢  
解説
description
ニンジンはセリ科の1・2年草である。草丈は60㎝前後程度。葉は長柄を持ち羽状複葉で2~3回に裂ける。小葉は卵形~倒卵形でである。7~9月頃、散形花序を出し、掲示した写真に見られるように白色の小花を多数つける。果実は長楕円形で刺を持つ。根部は肥厚した倒円錐形で、短根種と長根種とがあり、色は、橙黄色、黄色、紅色等がある。ビタミンAを多量に含むニンジンは、その初めは薬用として野生種が利用されていたらしい。野菜として利用が始まるのは、10世紀にイラン、バビロニア等で栽培の記録が残されている。欧州系(カロチン・ニンジン)は橙黄色~橙紅色。東洋系(アントシアニン・ニンジン)の場合は濃紫赤色~淡黄色である。Topicsのコーナーに「ニンジンについて」の記述があります。お時間のある方は、そちらを参照下さい。 
履歴 ニンジンには中国から渡来の「東洋系」(アントシアニン・ニンジン)と西洋社会から渡来した「欧州系」(カロチン・ニンジン)がある。東洋系は江戸初期に中国から渡来している。欧州系は江戸末期に長崎に、明治初年に北海道にそれぞれ渡来している。 
県花・国花  
古典1  
古典2 『本草和名』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
・人参で行水→医薬の限りを尽くして治療することのたとえ。この場合の人参は朝鮮人参。
・人参飲んで首くくる→見分不相応な出費は身を滅ぼすことの戒め。(上に同じ。)
・人参へ鉛→混ぜものをしてごまかすこと。(上に同じ。) 
季語 夏(花)/冬(根)  
備考 ※本来「人参」とは、ウコギ科のチョウセンニンジンに対する漢名である。我が国では、根部の形状が似ているため次第に「ニンジン」と呼ばれるようになり、漢字表記も「人参」となってしまっている。 
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
1 11 「馬」